« 瞬ワード検索ランキング現在2位 稲垣早希ちゃん | トップページ | 早希ちゃんは鍋で復活! »

2009年11月22日 (日)

映画「2012」を観た ★★★(5段階)

今日は109シネマズHAT神戸に行って,公開されたばかりの映画「2012」を観てきました。

以下,若干ネタバレ含みます。

この映画は簡単に言うと「3年後,マヤ文明の予言通り,太陽活動の活発化によるニュートリノの変異で,地核がレンジでチンされ,爆発卵状態になって,ものすごい地震が起きて,津波もすごくて,もうあかん人類全滅しそう」という,おそろしくわかりやすいディザスタームービーです。すでにオチ以外のストーリーの大半を語り終えました。

詳しくは公式サイトを参考にしてください。

http://www.sonypictures.jp/movies/2012/

個人的に,人類全滅系ディザスタームービーが好きなので,さっそく行ってきました。監督はインディペンデンス・ディのローランドエメリッヒです。彼らしく,映画館で観てこその大迫力CGがガンガン出てきます。それだけといえばそれだけですが。

【それなりに良かった点】

・有名な役者が出てないので,イメージに引っ張られなかったこと。

・CGがかなりのド迫力だったこと。

・インディペンデンスディの時みたいに「アメリカ万歳!」でなく,やけに中国,チベット重視だったこと。アメリカが自信を失ってきたことの現れとも言えるし,あきらかに北京五輪の前のチベット問題を意識している感じがした。

・かなり徹底した全滅に向かうこと。

・生き残り方が比較的現実的なやり方だったこと,

【どうかなと思った点】

・泣かせ方が短期集中型だったこと。それでもうるんでしまう自分の涙腺はどうかなと思った。

・いっそ全滅してもいいのではくらいだったのにしなかったこと。

・これだけの地殻変動が起こっているのに,地球が安定に向かうのがやけに早い。ぐちゃぐちゃどろどろになった地核はどうなったのか説明もなく,おだやかな景色になり,希望を臭わせる。

・むりくりラブロマンスを入れようとしたこと。展開早すぎ。

・アメリカ側の権力構造の描き方がめっちゃ薄かったこと。

以上,こんなとこでしょうか。ストーリーに語るべきことがないというより,ストーリーはいらない映画と言うべきでしょう。ていうか,頭使いたくなくて見に行ったので,これはこれで良い映画と言えるでしょう。めっちゃ観客も多かったし。映画館自体お客さんが朝からすごかったです。

ではでは。

|

« 瞬ワード検索ランキング現在2位 稲垣早希ちゃん | トップページ | 早希ちゃんは鍋で復活! »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548484/46829820

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「2012」を観た ★★★(5段階):

« 瞬ワード検索ランキング現在2位 稲垣早希ちゃん | トップページ | 早希ちゃんは鍋で復活! »