« 妹にしたい現役女子高生ランキング | トップページ | ぴあ 休刊 »

2011年7月21日 (木)

第三舞台解散 (T_T)

劇団「第三舞台」が解散へ 鴻上尚史「次の地平に行くために」(共同通信社)

(抜粋)

1980年代の「小劇場演劇ブーム」の中心的存在で、筧利夫や勝村政信ら人気俳優を輩出した劇団「第三舞台」を主宰する鴻上尚史(52)が21日、東京都内で記者会見し、11月から来年1月にかけて行われる公演「深呼吸する惑星」を最後に、同劇団を解散すると発表した。

2001年の公演後、鴻上は「大きくなって10年後に再会したい」として同劇団の活動を封印していた。

(抜粋終わり)

個人的に思い入れのあるニュースが入ってきました。

わたしも東京で何度も見に行ったことがある第三舞台。

現在の小劇場の多くがやっている,「オープニングダンス」,「早いセリフ回し」,「やたら体の切れがある動き」,「ギャグてんこ盛りでリズムを作るストーリー構成」などを作ったと言われる劇団です。

朝日のような夕日をつれて」が好きで,特に最初の群唱シーンが大好きで,これは演劇史に残る名シーンと言われています。(その後,沢山の劇団が群唱を取り入れてみたが,合わせるのがおそろしく難しいので,どこもやらなくなったのは余談です。)

(プロローグのやりとりの後,5人の男達が徐々に坂になる暗い舞台の上で立ち続けながら全員で群唱するシーン)

朝日のような夕日をつれて
僕は立ち続ける
つなぎあうこともなく
流れあうこともなく
きらめく恒星のように
立ち続けることは苦しいから
立ち続けることは楽しいから
朝日のような夕日をつれて
僕はひとり
ひとりでは耐えられないから
ひとりでは何もできないから
ひとりであることを認めあうことは
たくさんの人と手をつなぐことだから
たくさんの人と手をつなぐことは
とても悲しいことだから
朝日のような夕日をつれて
冬空の流星のように
ぼくは ひとり

http://www.thirdstage.com/dsbt/asa91.html

http://www.thirdstage.com/video/internetorder.html

「冬空の流星のように ぼくは ひとり」

孤独を感じた時によく思い出していた名ゼリフ

演劇の力を感じさせてくれました。

2001年の活動封印にも立ち会った管理人は,いつかこうなるだろうなあと思いつつ,他の沢山の劇団がこの10年で解散してきたことで,ついにきたかという感じです。

劇団「第三舞台」の皆さん ありがとうございました。

できたら解散公演に行きたいな。

|

« 妹にしたい現役女子高生ランキング | トップページ | ぴあ 休刊 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548484/52270367

この記事へのトラックバック一覧です: 第三舞台解散 (T_T):

« 妹にしたい現役女子高生ランキング | トップページ | ぴあ 休刊 »